このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

8

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会

量子コンピューター関連の直近の動向をJohn Preskill氏の論文から学びます

Registration info

先着順枠

Free

FCFS
17/20

抽選枠(運営からの招待枠2-5名を含みます)

Free

Standard (Lottery Finished)
5/12

Description

今回勉強する内容

  • 量子コンピューターや量子プログラムに関する概略とOpenQLプロジェクトのご紹介(ガイダンス)
  • John Preskill氏の2018年NewYear論文(2018年元旦付けの論文ですので勝手にそう呼んでいます)
    「Quantum Computing in the NISQ era and beyond」arxiv:1801.00862 の概要をスライドを使って紹介します。
    「 Based on a Keynote Address at Quantum Computing for Business, 5 December 2017」という内容で、難しい数式は一切でてきません。目次は以下のとおりです。
  1 Introduction  
  2 Opportunities at the entanglement frontier  
  3 The potential of quantum computing  
  4 The NISQ era unfolds  
  5 What I wont say much about  
  6 Quantum speedups?  
  7 The daunting climb to scalability  
  8 Summary  

ゆるぼ

  • 一緒に論文を読んで頂ける方がいらっしゃれば、事前にお申し出ください。助けて頂けると嬉しいです。当日でも可。
  • 予習されたこと、最近勉強されたことを勉強会で発表されたい方、大歓迎!! LT枠を設けます。事前にご連絡ください。

  • @skonb さんに一緒に論文を読んで頂いています。ありがとうございます。

対象者

  • 量子情報、量子コンピューターに興味がある方

持ち物

特になし。(スマホやPC等、その場でお調べいただけるツールがあると便利です。)

参加費

無料。遅い時間からの勉強会ですが、有志運営のため、飲食等はご準備しておりません。
会場内は、各自で持ち込んで頂いた飲食は自由です。ごみはお持ち帰り頂きたく、ご協力のほどお願いいたします。

タイムテーブル

18:35開場

時間 内容 担当
19:05-19:20 ガイダンス&基礎・実用 @k_yamaz さん
19:20-20:20 理論&実践:論文紹介 @k_yamaz さん&@skonb さん&有志の方
20:20-21:00 質疑&ディスカッション
  • 論文の要約をスライドを使って勉強していきます。
  • 時間は目安です。勉強会では発表者の資料をネタに議論が中心になるかもしれません。
  • 進行によっては、予定より早く終了する場合があります。

  • 皆さまの自習・復習のため、勉強会の資料(一部を除き)は、開催後に公開する予定です。

開始時間

  • 19:05開始ですので注意ください。
    ビルの正面が閉まってから(20:00以降)到着される場合は、裏口のインターフォンで401をコールください。

場所

  • 新宿溝口クリニックhttp://www.shinjuku-clinic.jp/summary/access
    新宿通り沿い・新宿WEバスの「新宿二丁目仲通り」バス停前のビル(1Fがセブンイレブン)の
    クリニックに併設されたセミナールームです。@ysaito さんのご好意でご提供頂きました。
  • 「4階のセミナールーム」に直接お越しください。
  • 開場は、18:35です。それ以前は入れません。

  • 本勉強会のメンバーが増えており、残念ながら全てのご希望に添えない状況になっております。
    運営では、少しでも多くの方に勉強して頂く機会をご提供できればと考えております。
    募集人数を会場キャパの最大限(発表者・運営者席除く)に増やしました。
    そのため会場内はゆとりがございません。あらかじめご了承くださいませ。

勉強会の概要

OpenQLプロジェクトの目的でもある「量子アプリケーションを開発」するために必要な知識を勉強します。
最適化問題に特化したアニーリング型量子コンピューターも話題としてはとりあげますが、主には、ゲート型量子コンピューターの基礎理論から実践・応用までを扱います。実際のOpenQLプロジェクトで開発していくライブラリの企画、設計、実装に活かせる情報や、量子コンピューターを利用する立場の人びとにも役立つ情報を扱っていきます。
皆さまからのご要望に合わせ、様々な形態の会を企画して参ります。

  • 専門家からレクチャー形式で行う会
  • LT形式で発表者の発表を聞いた後、ディスカッションにより理解を深める会
  • ハンズオン形式で実際の量子プログラムを進める会

また、会の途中からでもご参加頂けるように毎回冒頭にはガイダンスをお話しします。
初めての方や様子だけ一度覗かれる方も、参加歓迎です。

Presenter

Feed

kyamaz

kyamazさんが資料をアップしました。

02/16/2018 11:24

kyamaz

kyamaz published John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会.

01/10/2018 13:48

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 を公開しました!

Group

量子情報・量子コンピューターを学ぶ - OpenQL Project -

量子情報、量子コンピューターに興味がある人たちが集うコミュニティ

Number of events 36

Members 645

Ended

2018/02/08(Thu)

19:00
21:00

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/01/13(Sat) 22:00 〜
2018/02/08(Thu) 21:00

Location

新宿溝口クリニック@新宿

東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル 4階

Organizer

Attendees(22)

h30

h30

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

TadamineMaki

TadamineMaki

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会に参加を申し込みました!

RihitoSakurai

RihitoSakurai

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会に参加を申し込みました!

STK7M_ML

STK7M_ML

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

KanSAKAMOTO

KanSAKAMOTO

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

takaoleparadoxe

takaoleparadoxe

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

MitsuhiroMatsumoto

MitsuhiroMatsumoto

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会に参加を申し込みました!

AkiraUrano

AkiraUrano

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

tanaka_733

tanaka_733

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会 に参加を申し込みました!

AHD21

AHD21

John Preskill 氏の 2018年NewYear論文を読む会に参加を申し込みました!

Attendees (22)

Canceled (12)